彼氏の家族と顔合わせ??『私が躁うつになるまで⑧』〜元カレ編〜

最初から読む方はこちら↓

daruko.site
前回の続きはこちら↓

 

daruko.site
元カレのご家族と強制会食が決まりビビっていたダル子!
ビビりながらも当日を迎えた。


季節は秋頃、確か10月くらいだったと記憶している。

付き合って数ヶ月しか経っていないのに私がお呼ばれするのは違うのでは?と思いながら、ご家族との待ち合わせ場所にAと一緒に行く。

当日の服装も迷いに迷った。
持っている服の中で大人しめな、よそ行き用の服をチョイス。
そういう時は無難が一番!

ご家族は先にお店に着いていて、緊張しながらお店に入る。
ご家族の第一印象は

無題96
私の家族とは間逆(笑)
 
お父様は予想通り厳格そうな方。
お母様はそんな厳格なお父様を支えてますというような大人しめな方、お姉様は清楚で気配り上手な印象。
 
そんなご家族の中、何故Aはチャラいんだ?
 
やっべ、やっべぇよ!
心の中はパニック状態。
そ、そんなの顔に出せないっ!
 
落ち着け、落ち着け!
お里が知れている私ではございますが、仕事で若干身に付いたであろうビジネスマナーをここで発揮せねば!
 
『初めまして。ダル山ダル子と申します。この度はお招き頂きありがとうございます。』
 
お母様とお姉様は会釈。
 
『初めまして。Aの父です。どうぞ座って座って。』
 
『し、失礼します。』
 
企業面接みたい💦
 
思い出しながら書いてて、気付いたことがある…。
 
私…上座側に座ってたーー!
無題98-1
※本来、顔合せの時はAが座っている所に私が座るのがマナー…らしい。


ビジネスマナーなんて、これっぽっちも身についてないじゃーん💦

でもご両親も上座からお母様、お父様、お姉様の順に座っていたので関係ないのかな、と。
企業とかの面談とかになると、お父様が座っている場所が正解。
 
マナーってのは恥ずかしながら未だに分かりません。

その後は内輪話に付いていけず、とりあえず笑顔でごまかしておいた。

そこまで堅苦しい感じのお店ではなかったけど、左利きな上に、いつも間違った箸使いをしている私は正しい持ち方で食べるのに必死(笑)

緊張して料理の味なんて全く覚えていない。

お姉様は気遣って私に優しく話しを振ってくれる。
笑顔で応えてたけど、心の中では『お願いですから緊張してまともな返答ができないんです!私を空気だと思って下さい!構わなくて大丈夫です!』って叫んでた(笑)

お母様とは対面で座ってたんだけど、口数が少ないし私と直接話さないし何を考えているのか分からなかった。

そりゃ可愛い末っ子が久々の家族団らんの場に彼女なんて連れてきて良い気はしないでしょうな。

会食は終盤に差し掛かり、Aが
『ダル子と結婚しようと思ってるんだよね。』
と。
無題97_20210628132528

何でいつも一方的なの!?
 
お父様から言われる事なんて大体分かっている。
 
『そんな事は卒業して定職に就いて、責任を持てる状態になってから言いなさい。今だって家賃は親が出しているんだし、きちんと自立してからにしなさい。』
 
心の中で『そうだそうだ〜!もっと言ってやって下さい!』とお父様を応援した(笑)
 
一応、親御さんが家賃を払っている事は知っていた。
 
半同棲中、光熱費は私も半分出してはいたんだけど、親が家賃を払ってる家に彼女が入り浸っているのはご両親的には良い気はしないよね。
 
『家賃の件なんですが、お父様が負担されている事を存じた上で、ほぼ一緒に住んでおりました。すみません。私もこれから、お部屋半分の家賃をお支払いしたいと思っています。Aさんが卒業次第、引越しを考えていまして、Aさんと自立して生活していきたいと考えております。』
 
その場しのぎの話しではなくて前々から、きちんと同棲しようとAと話していました。
 
その件について、私はお父様に謝罪した。
 
現在の家賃の負担についてはAが卒業するまでお父様が負担するとのこと。
 
ブログに書こうと思って15年前の記憶を1週間前からずーっと思い出そうとしましたが、その後の記憶は綺麗サッパリぶっ飛んでしまっていました(笑)
 
ただ細切れで覚えているのは、お母様に話しかけてもそっけなかったこと。
お父様に交際を認めてもらったこと。
お姉様が優しかったこと。
 
Aの家に帰ってから結婚の返事は待ってって言ってるのに、勝手に結婚話しを進めようとした事について説教しました。
そして気疲れしてヘロヘロだったことは覚えています。
 
次回に続く!

 

ポチっとして下さるとやる気が出ます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村