破壊的衝動に駆られる件2

すいません。長らく更新してなかったのは暑さで絵を描く元気が無かったの。
文章はスラスラ描けるのに。
これからは文章のみでブログをアップすることが多くなるかもです。

前回のブログを読んでない方↓

daruko.site
f:id:darukoblog555:20210728145810j:image

急いで支度をしていたら、タイミング悪くケンちゃんが起きてきた。
感情が抑えきれなくなるから今はダメだって!!

『ドライブでも行こうか?』
は?それって仕方なく言ってるんじゃないの?
「それさ、私が出かけたいって言わなきゃ行こうと思わなかったよね?」
『…うーん。まぁ、そうだね。』
カッチーーーーン!
「じゃあ行かない。実家帰る。」
『じゃあ夕方迎えにいくね。』
「来なくていい!」
『えっ?なんで?』
無視して家を飛び出した。

実家に帰る理由は前日から息子が母の家に泊まりに行っていたから。
土曜日になると息子は母の家に泊まりに行くのが習慣化していて、そして日曜日にケンちゃんと車で迎えに行く流れになっている。

実家は家から車で30分で着く距離。
私はペーパードライバーだし、自分専用の車もないから電車で実家に帰る。

実家に着いて玄関のドアを開けた。

「あれ?ケンちゃんは?」
母の第一声はケンちゃんは?かいッ!
事の顛末を話す。
「あんた、もう出戻ってこないでよ〜。」
私だって嫌だよッ!

オオゴトにしたくないから頭冷やしに実家に来たんだから。

私が早く実家に来て息子は喜ぶかと思いきや嬉しくなさそうだ。
ばぁばの家は戸建てで心置きなく騒げるし、鬼(私)がいないからワガママ言える快適な環境なのに鬼が早く来たもんだから、そりゃ嬉しくないよねー。

私も久々に単独で実家に帰ってきたし母とガールズトークならぬオバトークをして盛り上がる。

夕方近くなり、母にケンちゃんが来るならケンちゃんの分の夕飯も作るから聞きなさいと言われて憂鬱になりながらLINE。

そしたらすぐに電話がきた。
『今、家の食材の買い物来てて、一旦荷物置いてから行こうと思ってるんだよね。精神的に調子が悪いの?それとも肉体的なもの?』
えーーーーー?
私がケンちゃんに怒ってるのに気付いてないのーーー?
多分、精神的に調子が悪いんだと思うんだけどさ。
「いえ、どちらでもありません。ケンちゃんに怒っているのです。」
『あー、そうなんだ…。とりあえず、買い物終わったら行くね。』
こんな面倒な女とよく結婚したなーって思う。

その後、ケンちゃんが実家に来て、母がケンちゃんに謝ってた。

皆で夕飯を食べたけど、それでも私はケンちゃんの事をスルー。
その時ちょうどサザエさんやってたんだけど、サザエさんとマスオさんが夫婦喧嘩して仲直りするって内容で気まずかった(笑)
タイムリーすぎる(笑)
その後、息子が花火したいって言うから皆で花火をしたけど、ケンちゃんをスルー。
帰りの車の中でもスルー。

車の中で息子が寝たのでケンちゃんが抱き上げて寝室に連れて行く。

その後、2人きりになり沈黙。
先に寝室に行ってくれないかなーなんてノロノロ寝る準備してても私のこと待ってるっぽいしッ!
ケンちゃんハート強いな…。

短気なもんで、沈黙に耐えきれず
「何で怒ってるか分かる?」
『いや…生○前だって聞いてたからそれでイライラしてたのかなーって。』
それも一理ある。
「最近、休みの日もほぼ1日寝てて、買い物行くにしてもダルそうな顔してるし、この間だってドライブ行きたいって言ったら、途中で疲れてるからやっぱり帰ろうとか言ってさ。私が提案しないとアクション起こさない受動的なところに怒ってるの!」
『うーん。多分受動的なところは変われないかなぁ。』
「もういいッ!離婚するッ!」
子供みたいに大号泣。

はーい!始まりましたー!ダル子の離婚する発言〜!
ブログ書きながらワガママな自分に腹を立てております。
もうこの女はどうしようもないです。

『俺は離婚は嫌だけど、ダルちゃんが俺のこと嫌いなら仕方ないよね…。』
なにそれー!何かズルいッ!

「嫌いなわけないでしょう!受動的なのが嫌なのッ!」
もう堂々巡り。

最終的には離婚には至らず、ケンちゃんが歩み寄ることなく終わった…。

でも大泣きしてスッキリした。

前々から自覚してたんだけど、私のこの破壊的衝動は境界性パーソナリティ障害によるものっぽい。
境界性パーソナリティ障害が躁うつ(双極性障害)と誤診される場合もある。

持続的に症状が続けば二次障害で躁鬱になる場合もあるそう。
私の場合は後者かな。

境界性パーソナリティ障害の主な症状

・見捨てられること(実際のものまたは想像上のもの)を避けるため必死で努力する
・不安定で激しい人間関係をもち,相手の理想化と低評価との間を揺れ動く
・不安定な自己像または自己感覚
・自らに害を及ぼしうる2領域以上での衝動性(例,安全ではない性○為,過食,向こう見ずな運転)
・反復的な自殺行動,自傷演技,もしくは自殺の脅しまたは自傷行為
・気分の急激な変化(通常は数時間しか続かず,数日以上続くことはまれ)
・持続的な空虚感
・不適切な強い怒りまたは怒りのコントロールに関する問題
・ストレスにより引き起こされる一時的な妄想性思考または重度の解離症状 

※私の場合、全て当てはまる訳ではありません。他の方も同様です。

境界性パーソナリティ障害について詳しく知りたい方は参考サイトをご覧下さい↓
www.msdmanuals.com

その他のパーソナリティ障害について知りたい方↓

snabi.jp

私の場合、若い頃は頻発してたんだけど自覚してからは、ある程度抑えられるようになりました。
あとは、年齢と共に良くなる傾向があるみたいですね。

同じような症状の方は↑の参考リンクで確認してみましょう。

ダル子の嫌な部分を見せてしまったけど、なるべく客観視してリアルにつづっていこうと思っています。
〜後日談〜
受動的なケンちゃんが、この間私の誕生日に自らケーキを息子と買いに行ってドライブに連れて行ってくれました!嬉しかったです!